[SQL Server]メッセージ 4191、レベル 16、状態 9、行 366 is 操作での照合順序の競合を解決できません。

[スポンサードリンク]

IS NULL での照合順序の問題。

エラーメッセージ

メッセージ 4191、レベル 16、状態 9、行 366
is 操作での照合順序の競合を解決できません。

原因

データベースの照合順序と異なる照合順序のテーブルを結合した際に、照合順序の違うテーブルの列に対して、「IS NULL」演算子を使用した。

例えば、データベースの照合順序が、「Japanese_BIN2」だとする。
このデータベースを扱うSQLクエリで一時テーブル「#」から始まるテーブルを作成し、データを格納。
この一時テーブルをデータベースのテーブルと結合し、処理を行う。

この場合下記の記述でエラーになる。
「列名A」は一時テーブルのカラムである。

対策

CREATE TABLEで照合順序を合わせる

一時テーブルを作成するときに、CREATE TABLEの文字列項目にCOLLATE句で、データベースの照合順序に合わせる。

※照合順序は文字列型の比較に関するものなので、intなどには付けない。

エラーの場所で照合順序を合わせる

「IS NULL」を使用している場所で照合順序を合わせる。

列名AとNULLの照合順序が違うので、列名Aのあとに「COLLATE Japanese_CI_AS」または「COLLATE Japanese_BIN2」を記述して、どちらか一方の照合順序に合わせる。

なぜ起こるのか

なぜ、一時テーブルを作成すると、照合順序の相違が発生するのか?
調査してみた。

新規にデータベースを作成したあと、

データベースのプロパティを開くと、照合順序は「Japanese_CI_AS」となっていた。

つまり、データベース作成時に、特に指定しない場合、SQL Serverのデフォルトの照合順序は「Japanese_CI_AS」となるようである。

このため、これ以外の照合順序でデータベースが作られていた場合、一時テーブルを作成するとデフォルトの「Japanese_CI_AS」で作成されるため、照合順序の相違が発生する。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 年度の求め方と年度の上期、下期を求める。 (さらに…)…
  2. Oracle 12cではCDBとPDBの概念があるため、それより前のバージョンの様にログインすると、…
  3. ビューの作り方、ANSI_NULLS、QUOTED_IDENTIFIER、WITH(NOLOCK) …
  4. SSRSのパラメータ入力エリアが、英語表記になった場合の対策。 (さらに…)…
  5. リモートデスクトップ接続のサーバーで、スタートメニューが反応しなくなった場合 (さらに&hell…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る