[C]エスケープシーケンスまとめ

[スポンサードリンク]

C言語のエスケープシーケンスをまとめました。

エスケープシーケンスとは

画面に文字を表示する際に、改行や文字の行頭復帰など。文字の制御を行う特別な文字列のこと。
エスケープシーケンスは「\]と1文字を使って表す。

エスケープシーケンス
Windowsでは¥マーク
意味
\a 警報を鳴らす
\b バックスペース
\n 改行(よく使う)
\r 行頭復帰
\t タブ
\’ ‘を表示
\” “を表示

プログラム例

ソースコード

実行結果

警告音は、エラーダイアログが出た時の音っぽい。
エラーメッセージを出すときに使えそうですね。

行頭復帰「\r」の使い道

行頭復帰は今現在カーソルがある行の先頭にカーソルを戻すことができる。

ソースコード

実行結果

よく、リナックスなんかのターミナルで何かのインストールしている時のプログレスバーっぽく作ってみましたが。
バックスペースと組み合わせて、結構な表示もできるのではないかと思いました。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ビューの定義を検索して、ビューで参照しているテーブルまたはビューを探す (さらに……
  2. Visual Studioで開発時、「ファイルを開くダイアログ」を表示時にWindows7がフリーズ…
  3. SQL Server認証ができるようにする設定方法 (さらに…)…
  4. いまの時代、一つの企業に就職してそこで定年を迎えるというのはまれです。 しかし、それが一番いいと私…
  5. C#でSQL Serverから値を取得するには、System.Data.SqlClientクラスを使…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る