[C#]ファンクションキーの押下をWindowsフォームで処理する

[スポンサードリンク]

制御系のソフトウェアのフォーム画面では、未だにファンクションキーを押下して、処理を行っている。
例えば、F2は検索、F12は終了など。
​ここでは、ファンクションキーの押下を処理する方法を記述します。

「KeyPreview」イベントの設定

あらかじめ、Windowsフォームのプロパティ「KeyPreview」をTrueに設定しておきましょう。
​(デザイナで設定してもいいし、Form_Loadイベントで「this.KeyPreview = true;」と書いてもいいです)

​この設定をすると、他のコントロール(テキストボックス)より先に、キーの押下情報をフォームが受け取ることになります。

ファンクションキーを押しても、イベントが走らない!!というのは、このプロパティの設定を忘れている場合が多いです。

ファンクションキー押下を処理するコード

このソースコードでは、F1キーは検索ボタンが活性時(クリックできる状態)で、検索ボタンのクリック時の処理を呼び出します。
​F2キーは無条件で、検索ボタンのクリック時の処理を呼び出します。​「PerformClick()」メソッドは、ボタンのクリック時の処理を呼び出します。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. C#でSQL Serverから値を取得するには、System.Data.SqlClientクラスを使…
  2. SSRSのデータセットにクエリが貼り付けられない場合 (さらに…)…
  3. コンボボックスで「全て」が選択された場合に、NULLの行も取得したい場合。 (さらに&helli…
  4. dpiAwareの設定を変える。 (さらに…)…
  5. 例えば、あなたが中途採用で企業の求人に応募した際の話。 (さらに…)…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る