Macでバックスラッシュ「\」の入力方法

[スポンサードリンク]

C言語のprintf関数でよく用いられるエスケープシーケンスを表すバックスラッシュ「\」の入力方法は

printf関数と「¥」

下記のようなC言語のソースコードがあります

このプログラムの出力は

期待値

15と37の和は
52です。

実際の出力

「15と37の和は¥n52です。¥n」

まぁ、Windowsの環境なら、バックスラッシュの代わりに「¥」を使うし、Macでも「¥」が表示されるのでこれでいいかな?と思ったのです。

「¥n」は改行を表す。エスケープシーケンスなんだけれど。やはり、バックスラッシュを使わなければならないということで、バックスラッシュの入力方法を調べました。

Macでバックスラッシュ「\」の入力方法

「option」キーを押しながら「¥」キーを押すと「\」が入力できました。

これにより、C言語の出力結果も、期待したものになりました。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 画面のパラメータにより異なる検索条件や、異なるテーブルのデータを取得する際。 「UNION ALL…
  2. SQLServer SELECT文で連番を振る(項目ごとの連番・通し連番) (さらに&helli…
  3. 本記事ではXMLからSQLを取得し、SQLiteで実行する。プリペアードステートメントを使用する。 …
  4. ビューの定義を検索して、ビューで参照しているテーブルまたはビューを探す (さらに……
  5. いまの時代、一つの企業に就職してそこで定年を迎えるというのはまれです。 しかし、それが一番いいと私…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る