[Swift]タプル(複数のデータ型を使える配列)

[スポンサードリンク]

Swiftで複数のデータを扱えるデータ型には、タプル、配列、辞書がある。ここではタプルを説明する。

タプルというのは、配列なようだが、他の言語と違い、複数のデータ型を使うことができる。

タプルの宣言

タプル定数の宣言

型推論のタプル定数

let 定数名  = (値1,値2,・・・)

データ型指定のタプル定数

let 定数名 : (データ型1,データ型2,・・・) = (値1,値2,・・・)

タプル変数の宣言

型推論のタプル変数

var 変数名 = (値1,値2,・・・)

データ型指定のタプル変数

var 変数名 : (データ型1,データ型2,・・・) = (値1,値2,・・・)

タプルの宣言と使用例

タプルのデータはデータの格納順にインデックスが0から付与される。

このプログラムの実行結果
(“福岡”, 10, true)
(“山口”, 10, true)

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. SSRSのパラメータ入力エリアが、英語表記になった場合の対策。 (さらに…)…
  2. SUM関数を使用して累計を求める (さらに…)…
  3. 割り算に必須な0除算回避 (さらに…)…
  4. 開始日と終了日にブランクを設定した場合の記述にも対応 (さらに…)…
  5. SQL Server認証ができるようにする設定方法 (さらに…)…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る