数値型のあいまい検索

[スポンサードリンク]

数値型のあいまい検索でワイルドカードを使用する方法

数値型のあいまい検索を行うには、数値型の列をvarchar型に変換してLIKEで条件を与える。

下記の例では、
GokakuKbn(合格区分:0=合格、1=不合格)でデータを検索する。
パラメータ@paramはドロップダウンリストで選択する。
ドロップダウンリストは
0:合格、1:不合格、2:すべて
を表示する想定。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 無料動画セミナー・クラスメンバとインスタンスメンバ (さらに…)…
  2. SUM関数を使用して累計を求める (さらに…)…
  3. SQLServer SELECT文で連番を振る(項目ごとの連番・通し連番) (さらに&helli…
  4. SSRSのパラメータ入力エリアが、英語表記になった場合の対策。 (さらに…)…
  5. C言語のprintf関数でよく用いられるエスケープシーケンスを表すバックスラッシュ「\」の入力方法は…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る