[Oracle]インストール後の最初のログインの方法

[スポンサードリンク]

Oracleインストール後にsysユーザーでSQL Developerでログインする。

Oracleインストール後には、sysユーザー以外のユーザーが作成されていない(厳密にいえば、DBのsystemで使用する以外のアカウントは作成されていない)。

そのため、SQL Serverの様にすぐに自分のアカウントでログインできるわけではない。

初めに、sysアカウントでSQL Developerにログインする。

ユーザー名は「sys」、パスワードはインストール時のステップ5で設定したパスワードを入力する。

「パスワードの保存」のチェックはお好みに。

ロールは「SYSDBA」を選択する。

SIDはデフォルトでは「XE」となっているが、tnsnames.oraファイルに書かれている接続名を入力する。

これでログインして、自ユーザーを作成する。

下図はtnsnames.oraファイルの内容である。1行目にファイルのパスが書かれているので、特にインストール先を決めていない方は参考にされてください。

下図は、Oracle 12cのインストール途中の画面。

この画面で設定したパスワードがsysユーザーのパスワードになる。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. SQLServer SELECT文で連番を振る(項目ごとの連番・通し連番) (さらに&helli…
  2. 無料動画セミナー・クラスメンバとインスタンスメンバ (さらに…)…
  3. C言語のprintf関数でよく用いられるエスケープシーケンスを表すバックスラッシュ「\」の入力方法は…
  4. あいまい検索での否定 ○○以外の書き方 あいまい検索での否定は「[^任意の文字・文字列]…
  5. EXECUTE 権限がオブジェクト '関数名'、データベース 'データベース名'、スキーマ 'dbo…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る