[SSRS]Visual Studio Community 2017 で Reporting Serviceを使用するための設定

[スポンサードリンク]

SQL Server Reporting Service(SSRS)を使用するための設定。

概要

SQL Server 2014までは、「SQL Server Data Tools for Visual Studio(SSDT)」をインストールして、SSRSを使用していたが、Visual Studio Community 2017ではSSDTを使わずにそのツール上でSSRSの開発を行うことができる。

ちなみに、Community 2015は使っていないため、わからないが、同じやり方でできるかもしれない。
できなかったら、SSDTをインストールする必要があると思う。

Visual Studio Community 2017にReporting Serviceを組み込む

機能拡張と更新プログラム画面を開く

・Visual Studio Communityを立ち上げる。
・「ツール」→「機能拡張と更新プログラム」

SSDTを検索する

・「機能拡張と更新プログラム」画面の左のカテゴリで「オンライン」を選択
・画面右上の検索窓で「SSDT」と検索
・検索結果の「Microsoft Reporting Service Projects」をクリック
・「ダウンロード」ボタンをクリック

ダウンロードが終わったら、「閉じる」ボタンを押す。

※ここでVisual Studio Community 2017も閉じる

Reporting Serviseがインストールされるのを待つ

Reporting Serviseのプロジェクトが作れるか確認する

・「新しいプロジェクト」を作成するダイアログを表示させて、テンプレート内に、「ビジネスインテリジェンス」が追加されていることを確認する。

・Reportingを選択して、レポートサーバープロジェクトを作成。

このあとは、通常のSSRSと同様にレポートが作れることを確認する。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 開始日と終了日にブランクを設定した場合の記述にも対応 (さらに…)…
  2. dpiAwareの設定を変える。 (さらに…)…
  3. ビューの作り方、ANSI_NULLS、QUOTED_IDENTIFIER、WITH(NOLOCK) …
  4. 年度の求め方と年度の上期、下期を求める。 (さらに…)…
  5. いまの時代、一つの企業に就職してそこで定年を迎えるというのはまれです。 しかし、それが一番いいと私…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る