[SQL Server]SQL Server認証でログインするユーザーを作成する

[スポンサードリンク]

IDとパスワードでSQL Serverでログインするユーザーを作成する。

なぜSQL Server認証でログインが必要なのか

例えば、SQL Serverのデータを取得加工する場合、主にSSMS(SQL Server Management Studio)というツールを使って、SQLを発行したりする。
その場合、Windows認証(端末のユーザー情報でログイン)しても問題ない。

しかし、それ以外のツールやC#などのプログラムからDBにアクセスする場合、それ専用のユーザーがログインIDとパスワードでアクセスする必要がある。

ここでは、SQL Server認証(ユーザーIDとパスワード)でログインするユーザーを作成する。

ユーザーの作成方法

新しいログインの作成

オブジェクトエクスプローラーから
「セキュリティ」→「ログイン」→「新しいログイン」と選択する。

全般ページで基本情報を入力

「ログイン-新規作成画面」の全般ページで、

・ログイン名(ユーザーID)を入力
・SQL Server認証を選択
・ログインパスワードを入力
・「パスワードポリシーを適用する」のチェックを外す
・既定のデータベースを選択
・既定の言語を選択

※既定のデータベースは、そのユーザーがログインするデータベースとなる
 外部プログラムはどのデータベースにログインするかを決める。

ユーザーマッピングページで権限を付与する

権限を付与するDBにチェックをつけ、ロールメンバーシップの「db_owner」にチェックをつける。

ここまで設定したら、「OK」ボタンを押す。

ログインユーザーの追加の確認

「セキュリティ」→「ログイン」に追加したユーザーがいることを確認する。

データベースユーザーにも追加されていることを確認する

SQL Server認証でログインを確認

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. リモートデスクトップ接続のサーバーで、スタートメニューが反応しなくなった場合 (さらに&hell…
  2. C言語のprintf関数でよく用いられるエスケープシーケンスを表すバックスラッシュ「\」の入力方法は…
  3. SSRSのデータセットにクエリが貼り付けられない場合 (さらに…)…
  4. いまの時代、一つの企業に就職してそこで定年を迎えるというのはまれです。 しかし、それが一番いいと私…
  5. 開始日と終了日にブランクを設定した場合の記述にも対応 (さらに…)…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る