MacにRubyをインストールする手順

[スポンサードリンク]

OSXには標準でRubyコマンドがあるが、バージョンが古い。

このため、最新(現時点で2.3.0)のRubyをインストールする手順を記載する。

ここでは、Ruby専用のパッケージマネージャ「rbenv」を使用する

初回に行うこと

rbenvのダウンロード

rbenvはGitHubのサイトにあるため、「git」コマンドを使用して入手する

シェルの設定ファイルの書き込み

パス情報、rbenvの初期化情報をシェルの設定ファイルに書き込む。

※バージョンが変わらない場合は、上記コマンドの2行目が正しく書き込まれていない場合がある。これについては後述する。

シェルの状態を更新する

下記コマンドを実行するか、ターミナルを再立ち上げする。

ruby-buildのダウンロード

「rbenv」を使用して、Rubyをインストールするために、「ruby-build」をダウンロードする。

バージョンアップごとに行う

Rubyのインストールとバージョンの変更

下記3行を実行する。

ここで、バージョンを確認する。

ここで、バージョンが変わっていない場合、次の項目に進む。

シェルの設定ファイルがうまく書き変わっていない

Rubyのバージョンが変わっていない場合は、シェルの設定ファイルが上手く書き変わっていない場合がある。

「vi」テキストエディタでシェルの設定ファイルを確認、追記する。

これでうまくいくはずである。

[スポンサードリンク]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. C言語のprintf関数でよく用いられるエスケープシーケンスを表すバックスラッシュ「\」の入力方法は…
  2. 年度の求め方と年度の上期、下期を求める。 (さらに…)…
  3. 割り算に必須な0除算回避 (さらに…)…
  4. SQL Server認証ができるようにする設定方法 (さらに…)…
  5. dpiAwareの設定を変える。 (さらに…)…

カテゴリー

[スポンサードリンク]




ページ上部へ戻る